高速で今年の税金と確定申告を考える

高速で今年の税金と確定申告を考える

今日は勉強に疲れたので、最近利益を出せるようになってきた雑所得に関しての、税金の知識と確定申告のことについて高速でインプットしたのでアウトプットします。

すごい、時間もないから高速でいくで!

まずこれを見ましょう

僕が使ってる証券会社は海外の証券会社なので、

申告分離課税

ではなく

総合課税

というものに分類されます。

大雑把にどう違うかというと、

上記は、本業と副業を分けて考えます。本業でいくら稼いでも、副業ででた利益に対して一律約20%の所得税がかかります。

計算がむっちゃ楽。

なんだけど、これは国内の証券会社だけなので、、、

累進性のものを確認していきます。

上の表はみなさん一回は見たことがあると思います。

それで一般的に、年収は1000万こえないほうが、手元にのこるお金が多くなるよねーとかって言われちゃうやつですね。

それは、総合課税で、累進していくから起こりうるわけで、

他の投資信託等の投資商品や、国内の証券会社で出した利益というのは、所得税が40%を超えていくことはないので

将来一般企業に入ったら、僕は副業可能な会社を選んで、申告分離型の副業で総合手取りを増やしていこうと思います。

そんなことは今考えることじゃないんだ。

今やりたいのはですね。

今年一体いくら稼ぐのが一番かしこいのかというのを確認します

僕は学生で、アルバイトで、投資家です。

なので収益は基本的に「奨学金」「バイト収入」「投資収入」「雑収入」

があります。

奨学金は所得税が課されないので、気にしなくていいですね。

バイトに関しては、だいたい月に2~3万円なので、コロナの影響もあってがっつり稼げないので、30万と仮定しましょう。

次に雑収入。

これはバイト以外でさらに投資以外で稼いだお金ですね。

具体的には、

  • アフィリエイト等の広告収入。
  • モニター案件
  • 企業のインタビュー報酬
  • メルカリの物販売り上げ
  • 単発派遣の、源泉徴収されんやつ

が具体的にあります。

これはー詳細は内緒ですが、今年はだいたい15万~20万円くらいになりそうです。

ここまでで大きく見積もって50万円ですね。これをもとに、投資で稼いでもいい金額を考えます。

まず、収入が195万円未満だと、税率5%

それ以上で330万未満だと税率10%ということを考えていきましょう。

仮に195万ぎりぎり稼いだ時の所得税は

195万 × 0.05  = 9.75万円

なので手元に残るのは

185.25万

次に200万円稼いだ時の所得税は

(200-9.75)万 × 0.1 = 19.025万円

なので手元に残るのは

180.975万

とんでもねぇですね。給付金が吹っ飛んでしまいます。

だから、投資が微妙だった場合。

195 - 50 = 145万円までは稼ぐのがかしこいことになりますね。

ところがそれ以上稼げそうな場合を考えると

次の10%の税率を引かれても元が取れる金額というのは、

仮に204万稼いだとすると、手元に残るお金は

(204 – 9.75)万 × 0.9 +9.75 = 184.575万

という計算になるので。だいたいこのラインですね。

まとめます。

  • 195万ぎりぎり稼ぐのがとりあえずは吉
  • 超えそうな場合は、206万円以上超えられるときのみ吉

ということですね。

今の段階では330万をこえることは難しそうなのですが、頑張って次のステップも考えていきたいと思います。